お知らせ 

現在の記事数:1448 コメント数:569
terayamaのMyMiniCityを育てるには右サイドバーの状況を確認してから、
下記のいずれかを1日1回クリックしてください。
人口支援 工場支援 交通支援 治安支援 環境支援 商業支援

料理の最近のブログ記事

 我鹿肉捌 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

がろくにくはつ
鹿肉を捌きました。・・・<中略>・・・どうでしょ? [ all ]

がろくにくはつ

 

鹿肉を捌きました。

鹿肉を頂いたのですが・・・。

足の部分。

骨付き。

初めて捌きました。

なかなかこういう機会はないと思います。

大変でした。

小さいのに小一時間もかかりました。

三徳包丁だし・・・。

どこが骨とかも知らないし、だいたいの感で少しずつそぎ落としたりして、何とかできました。

次からはもう少し早く捌けると思います。

焼いてから切り分けた方が楽かなぁ~。

どうでしょ?


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 目鯛煮付 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

もくちょうにふ
雹でしょうか?霰でしょうか?・・・<中略>・・・こんな感じです。 [ all ]

もくちょうにふ

 

雹でしょうか?霰でしょうか?

あ、読めませんでした?

ヒョウでしょうか?アラレでしょうか?です。

この記事を書く少し前に降っていました。

うちは11階なのですが、小降りだと降っているのかどうだかわかりません。

音がしないから。

でも、今日は急に音がしだしたので外を見てみると

降っているじゃありませんか。

すごかったですね。

 

さて、タイトルと違う事から入りましたが、本日は久しぶりのお休み。

風邪が治らないので朝から病院へ行って薬をもらい、先ほどまで晩ご飯の準備をしていました。

今晩は

目鯛の煮付け

レンコンのきんぴら

大根と厚揚げの煮物

キノコの味噌汁

雑穀ご飯

となっています。

簡単すぎて面白くありませんでした・・・。

作り方は以下の通りでしたので、興味のある方はご覧下さい。

続きを読んじゃお ≫

銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 昨日晩餐 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

さくにちばんさん
晩餐。・・・<中略>・・・と、まぁこんな感じです。 [ all ]

さくにちばんさん

 

晩餐

夕食と言うにはちょっと贅沢すぎるので、晩餐としました。

なにせメインの食材が以下の写真のようなものでしたから・・・。

01.07.JPGいかがですか?

晩餐でしょう?

伊勢海老牡蠣です。

牡蠣は写真外に7つあります。

これを嫁と二人で堪能しました。

伊勢海老尻尾をお造り、頭を味噌汁

バター焼き

牡蠣酒蒸し

どれもこれも美味しかったですnote

付け合わせ食材は大根煮キャベツのゴマ和えおひたし

二人ともお腹いっぱい。

伊勢海老車エビよりピンピン跳ねないので捌きやすかったですねぇ。

ちなみに今夜はローストビーフ

正月の残り物です(笑)

 

作った方法は以下の通りです。

続きを読んじゃお ≫

銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 献立紹介 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

こんりつしょうかい
小豆島での献立の紹介です。・・・<中略>・・・、『香の物』は『食事』と一緒に撮影しています。 [ all ]

こんりつしょうかい

 

小豆島での献立の紹介です。

syodosima-syokuji(1).JPG昨日書きましたが、宿泊したホテルはリゾートホテルオリビアン小豆島です。

こちらが献立表です。

島会席

と命名されていました。

先付、前菜、お造り、煮物、蒸し物、お凌ぎ、焼き物、食事、香の物、水菓子、コーヒー又は紅茶

の11品目です。

が、特別に『アワビの踊り蒸し』がセットでついて12品目でした。

こちらは『蒸し物』の前に頂きました。

写真で順番に紹介すると大変なので、5~6品を1枚にして加工して2枚に納めました。

ですので、それぞれの画像は小さいですsweat01

説明は献立表があるのでナシですが、『香の物』は『食事』と一緒に撮影しています。

syodosima-syokuji-1.jpg

syodosima-syokuji-2.jpg


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 久行料理 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

ぎょうきゅうりょうり
う~ん・・・同じ題名があったかなぁ?・・・<中略>・・・写真はナシですが、今回は以上です。 [ all ]

ぎょうきゅうりょうり

 

う~ん・・・同じ題名があったかなぁ?

ま、いいや。

久しぶりに料理を行いました。

といっても、とっても簡単。

ご飯、スープ、サラダ、メイン、付け合わせの五種類。

ご飯=米を洗って炊飯器に仕掛けるだけ。誰でもできます。(たぶん)

スープもやしとニラの中華スープです。もやしはそのまま、ニラはもやしと同じ長さに切ります。
鍋に水を適量入れ(一人分なら一人分ね(笑))、先ほどのニラともやしを入れます。
中華スープの素を入れ、塩・こしょうで味を調えてできあがりです。

サラダトマトの櫛切り、キュウリの乱切り、キャベツの千切りだけです。ドレッシングは市販。

メイン=今日は奮発して、というか買って頂いたステーキ。塩・こしょうして焼くだけです。

付け合わせ粉ふきいも、シイタケ、アスパラの3種類。

粉ふきいもは馬鈴薯を使いました。皮をむいてお湯が沸いている鍋に入れ煮ます。
堅さは爪楊枝がすっと刺さればOK。
鍋からお湯を流し、少しおいてから蓋をして鍋を上下に振ります。
これで普通の粉ふきいもの完成。因みに塩ゆですれば味付けいらず。
今回はバジル、粉チーズ、塩少々を振って絡めました。

シイタケはバター炒めにしました。フライパンを熱し、シイタケの笠を下にしていれます。ビラビラ部分?に水が出てきたらバターを乗せて、少し溶けるのを待ち、醤油を一かけしてできあがりです。

アスパラは下の方だけ皮をむき、3センチほどに切り分けこれまた下ゆでしました。
沸いたお湯に切ったアスパラを入れ、色が変わったら取り出します。
食べる直前にバター炒めにします。これは先ほどのシイタケの後に入れました。
かすかにバターと醤油が残っているので少しの味付けだけでOK。

お肉を焼いた横に粉ふきいも、シイタケ、アスパラをうまく配置すれば完成です。

写真はナシですが、今回は以上です。

 


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 食太方法 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

しょくたほうほう
23時以降に食べても太らない方法だそうです。 [ all ]

しょくたほうほう

 

23時以降に、ごはんを食べても太らない方法

東京ウォーカー5月17日(日) 16時 9分配信 / エンターテインメント - エンタメ総合

夜遅くまで働いて、夜ごはんを食べる時間が遅くなってしまっている現代。「夜遅く食べると太る!」と、低カロリーの野菜サラダだけにしたり、食べなかったりする人も多いでしょう。

他の写真も見る: トマトを乱切りにする【太らないレシピ公開】

この"よかれ"と思ってやったことが、実は太る原因になっていることもあるんです。

野菜には、新陳代謝に欠かせないビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。しかしこの働きは、炭水化物やたんぱく質と一緒に摂らないと発揮できないということを、知っていましたか? 一緒に摂ることで野菜のもつ栄養素の消化・吸収を助け、代謝のいい体へと導いてくれるのです。

炭水化物にもいろいろありますが、なかでももっともオススメなのが白いごはん。お米は日本人が昔から食べている主食なだけあって、日本人の体に適した優秀食品。消化がよくて栄養も吸収しやすいのです。そのため、白いごはんで野菜を食べれば代謝がスムーズになり、遅めの夕食でも太ったりする心配がありません。

ごはんにのせて丼に、みそ汁とあわせて定食ふうに、小鉢や漬け物でだってOK。疲れて帰ってきたときこそ、「これ、食べたい!」の気持ちに正直に。ちゃちゃっと作ってみましょ。【瀬戸珠恵】

と、いう記事が載っていました。

ま、確かにそうですよね。

夜が遅いときは野菜丼を食べましょう。

でもこれって普通にダイエットにも良いのかもね。


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 昨日夕食 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

さきにちゆうしょく
昨日の夕食です。 [ all ]

さくにちゆうしょく

 

20090423-dinner.JPG

昨日の夕食です。

嫁は会社の歓迎会で夕食いらず。

私は休みで実家へ行かず。

と、いうわけで夕食を作らなければならず・・・。

しかも一人前という中途半端な量

翌朝、つまりは今朝はパンだし、昼間はいらないし、夜もいらないし・・・。

夫婦揃ってね・・・。

材料が余っても困るので簡単料理にしました。

ご飯:雑穀米。

メイン:豚の生姜焼き、フライドポテト、エリンギとタマネギの炒め物。

サラダ:市販のサラダ。

汁物:大根の千切りすまし汁。

 

さて、作り方ですが、分量は適当なのであしからず。

ご飯は冷凍が利くし、多く炊いた方が美味しいので昼間に炊いておきました

メインは生姜焼きのタレを1時間前に作って豚を浸しておきました。せっかくなのでニンニク入り。

タレは適当。酒・醤油・コンソメの素・塩・おろし生姜・千切りニンニクを合わせました。

タマネギ薄切りにして味付けをせず炒めておきます。エリンギも同様

そのまま皿に盛りつけて、豚の生姜焼きのタレと後ほど絡めて食べます。

フライドポテトは名ばかりで、ジャガイモを適当なサイズに切り、片栗粉を付けて揚げました

先にこれを作ると油が少し残りますので、そのままタマネギとエリンギを炒め、取り出して豚肉を炒めました。

サラダパックから出して盛りつけるだけ(笑)happy02100円でした。

すまし汁大根を千切りにしてお椀に入れておきます

沸騰したお湯をそのお椀に注ぎます。これで大根に火が通ります。

そこにだしの素・醤油・塩を入れればすまし汁のできあがり。

一人分のためにわざわざ鍋を出してくる必要はありません。

これで洗い物は包丁・まな板・フライパン・ボウル1つの計4つだけです。

ボウルはタマネギをいれたんですよ。エリンギはタマネギと一緒にいれておき、ジャガイモはエリンギのパックを活用。

これで調理後もサッと洗い物ができ、しかも料理が冷めない

そろそろ包丁を研がないといけなくなってきています・・・。

良い砥石売ってるかなぁcatface


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 作食夕食 

| コメント(2) | トラックバック(0)

カテゴリ:

さしょくゆうしょく
今度は夕食バージョンです。 [ all ]

さしょくゆうしょく

 

本日二度目の更新。どちらも料理。

で、今回は夕食。

タイトルも一字変えただけcoldsweats01

20090310-dinner.JPG

はい、夕食の写真です。

昼の五穀米は夕飯用に炊いた物でした。

汁物はエリンギ・シメジ・エノキの中華風スープ

サラダはキャベツ・キュウリを千切り、トマトは角切りにします。それをマヨネーズと醤油で味付けして混ぜてあります。

大根の煮物。少し焦げが見えます(;^_^ A フキフキ

メインは牛肉とアスパラとタマネギと白ネギ炒め。

牛肉は片栗粉をまぶして下準備をしておきます。アスパラは下ゆでし、タマネギと白ネギをサッと炒めておきます。

ニンニクをみじん切りにして油の中に入れてから火を付け、香りが出てきたらそこに牛肉をいれ、色が変わるまで炒めます。その後、アスパラ・タマネギ・白ネギを戻し、酒・砂糖・醤油で味付けし、胡椒を加えてできあがりです。

すべて仕上げるの40分ほどかかりました。

やはり千切りは一番時間をとられますねぇ。


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 作食昼食 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

さしょくちゅうしょく
久しぶりに料理ネタです。今日は時間のかかるチャーハン。 [ all ]

さしょくちゅうしょく

 

本日はお休み。

と言うわけで昼食を作らなければならず、時間があるので手の込んだものは作らず、簡単な物を作ってみました。

できたのは写真のもの。

たぶん、写真を見てもさっぱりわからないかと思います。

20090310-launch.JPG一応チャーハンなんですがね。

米は白米ではなく五穀米

茶色いのはジャガイモを千切りして軽く素揚げしたもので、パリパリで香ばしいです。

そして真ん中の白いのは白髪ネギ

米に混ぜ込んであるのは、エリンギ・タマネギが角切り、ベーコンが薄切り1センチ角ぐらいで炒めてあります。

また見えないとは思いますが、水菜も入ってます。

あとはを柔らかく炒めていれてあります。

 

まずはベーコンをカリカリになるまで炒めて、そこにタマネギをいれさらに炒めます。

タマネギが半透明になってきたら、エリンギをいれて軽く混ぜてひとまずフライパンの外へ。

卵を少し多めの油でサッとふんわり状態で仕上げ、これまた取り出します。

このとき、洗い物が増えるのでベーコンなどと一緒にします。

次に米を炒め、少し軽く水分を飛ばしたら、そこに先ほど炒めたものたちを戻します。

後は、和風だしの素・醤油で味付けをし、水菜をいれてサッとかき混ぜた後、塩・こしょうで味を調えてお皿に盛りつけます。

この炒め物をする前に、千切りしたジャガイモを温度の低い油の上に広げるように置き、しばらく待つと網目状にくっついたカリカリのポテトフライができます。

このポテトフライを先ほど盛りつけたチャーハンの上にのせ、白髪ネギを置けば完成です。

 

食べるときにポテトフライを割り、かき混ぜます

すると、ポテトのカリカリ感、白髪ネギの辛さ、チャーハンの味が絡み合います

味の批評は人それぞれですが、私は美味しかったです。

 

ちなみに、こういった記事の場合は分量とか書くべきなんでしょうが、すべてにおいて適当なので記すことができません。

強いて言えば、和風だしの素サラサラサラ、醤油タラ~、塩パパパ、胡椒パパって感じです。

後はお好みで調節して下さい。


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。

 初咖喱鍋 

| コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

しょかりか [ all ]

しょかりか

 

本日の夕食。

読んで字の如し。

カレー鍋でした。

夕食はいつも実家で食べていたのですが(共働きのため)、本日は日曜日で外食でもなく実家でもなく、マンションにて夕食。

今頃気づいたのですが、マンションで二人だけで食べたのは今日が初めてだと思います。

で、初めては重なるもので今更にして手料理を味わったということで(笑)

結婚して1ヶ月にもなるのにねぇ~。

ま、それだけ土日祝祭日と出かけたり、実家に用があったり、嫁実家に用があったりと出かけていたわけです。

 

話は戻してカレー鍋

美味しいです。

カレー鍋のレトルト出汁を利用しましたがなかなかいけます。

鶏肉・豚肉・白菜・大根・人参・舞茸・榎茸を入れました。

全部漢字で書きましたが読めますか?

シメはご飯を入れてチーズを入れてリゾットヽ(^。^)丿

これまた美味しかったnote

満足・満足


銀の歴史がまた一ページ

←とりあえずポチッとしてください。
ページ/3ページ |次のページ最終ページ
合計
今日
昨日

フィードメーター - 瑞了奇譚

カレンダー

<   2013年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のブログ記事

最近のコメント

アーカイブ

このサイトを登録 by BlogPeople
OpenID対応しています OpenIDについて
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.28-ja
MovableType4.28-ja
Copyright ©2007-2013 瑞了奇譚 All rights reserved.
はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加

ブックマークプラス
by SEO対策

ブログパーツ



あわせて読みたいブログパーツ